聖ゼロハリ目次録

オールジャンルでまとめて記事を打ち立てていきますのでヨーソロ!

刺繍を始めたい方への刺繍講座~準備編~

 

刺繍に必要な道具とは?


刺繍に必要な道具はなんと、1000円しないレベルで買えちゃいます。

拘らないなら100均でも買えます。100均に物足りなさを感じたら手芸店でちょっと高めの道具で高クオリティの作品を仕上げることも出来るのです。

では、道具紹介行ってみよう。

刺繍枠

f:id:Rosetta360:20170625023516j:plain


布をピンと張らせて、針を刺すための道具です
朝ドラ「ぺっぴんさん」では刺繍枠を使ってなかったけど、あれは戦後なので、ものがない時代だったので刺繍枠が流通してなかったのです。


15センチ刺繍枠、10センチ刺繍枠、8センチ刺繍枠と種類がありますが、実用可能なものは10センチと、8センチの方。

10センチはバックS、アウトラインSのライン刺し(ステッチ略でS)、8センチはサテンS、ロング&ショートSなどの面刺しに使います。

刺繍の基本ステッチは次の項目で説明します。


刺繍と言ったらこれ。

f:id:Rosetta360:20170625023940j:plain


LEIENとかDMCなどメーカーの刺繍針を選びましょう。それと、間違っても普通の針とかミシン針とかパッチワーク針を選んじゃいけません><
それと、刺繍はたいてい糸は二本取りなので7、8番のの針が最適

 

種類がありますが、表面がさらさらした「ブロード」という種類の布ならコピーペーパーが写ります。


☆補助道具
コピーペーパー

f:id:Rosetta360:20170625023603j:plain


布に圧力をかけて色を付ける紙。主に図案→コピーペーパー→布という感じに敷いて図案をトレーサーでなぞる(ボールペンでも可)。
すると、布に図案が写っています。


準備編は終わりです。次回は実践編の講座記事です。よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


刺繍ランキング